新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > 三田村のブログ > 「住宅ローンのトラブルを未然に防ぐ方法」-1

「住宅ローンのトラブルを未然に防ぐ方法」-1

2017-02-27

こんにちは、三田村です。

 今回は、「住宅ローンのトラブルを未然に防ぐ方法」について

考えて見ます。

 

住宅ローンに関する失敗やトラブルも様々です。しかし、

事例を知ることでトラブルを回避できるかもしれません。

 

今回は

住宅ローンに関する様々な失敗やトラブル事例を

ご紹介したいと思います。

 

 

「私はしっかりしているから大丈夫!」

 

多くの人はそう思ってトラブルに巻き込まれたり

失敗してしまっているのが現状です。

 

トラブルを回避するために最も有効なのは事前に

知識を身につけて置くことが大切です。

 

自分のためにも家族のためにも

住宅購入に関する知識をしっかりと身に着けておきたいです!

 

 

失敗例1  ボーナス増額返済に頼る返済計画

 

住宅ローンを返済する際、毎月の返済額と

ボーナス時の増額返済額を設定する方法があります。

 

毎月一定の給料をもらうサラリーマン(公務員)家庭では、

毎月の給料により返済額を減らし、臨時収入であるボーナスでの

返済額を増やしたほうが目先の生活に影響が少なくなるため

今でもかなりの方が利用しています。 

 

但しこの方法にはいくつか問題があります。

 

1.ボーナスは大きく変動する可能性がある

 

2.月給による返済額が少ないためその期間に

余計な金利がつき総返済額が若干増える

 

ご存知の通り、ボーナスは企業業績に左右されますから

右肩上がりという訳にはいきません。

 

ボーナスでの返済額を極端に高く設定すると、

ボーナスでは支払えない年が出てくる可能性があります。

 

また、ボーナス時増額返済の場合、毎月の返済額が少なくなる分、

ボーナスまでの期間の元金減少が少なくなり、

そこに金利がかかってくるため総返済額が増える事になります。

 

金額にすれば数万~数十万ですが同じ金額のローンを

返済するのに無駄に多く支払う必要はありませんよね。

 

住宅ローンの基本はあくまで毎月の返済です。

 

ボーナスは余裕を持って、繰上げ返済時にうまく活用するという

考え方のほうがより計画的に住宅ローンを返済すること

になるのではないでしょうか。

 

 

では、今回はこれで

 

資料請求

お問合せ