新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > 三田村のブログ > 冬場のエアコン暖房は高い?

冬場のエアコン暖房は高い?

2017-02-22

こんにちは。 三田村です。

いっとき、急なドカ雪でびっくりもしましたが、、、、

 今年の雪は(冬)もうそろそろ終わりなのでしょうか?

 

暖かい日もあって過しやすい冬とはいえ、

まだまだ朝の冷え込みは、厳しいものがあります。

今回は、冬場のエアコン暖房について考えます。


「エアコンの暖房はつけっ放しのほうが安くなる」!!!
というが???


じっさい、冬場の暖房付けっ放しのほうが

安くなるみたいです。

理由は、エアコンはつけはじめとしばらくたった

あとでは、消費電力が5倍近く違うのでこまめに

消すよりはつけっ放しのほうが電気代が安くなる

可能性があルという事です。

エアコンはつけはじめの10~20分くらいの間が

もっとも消費電力が高くなり、その後の消費電力は、

テレビよりも低くなる可能性があります。


ただし、使用しているエアコンや室内と室外の

温度差によっても異なるので、全ての住宅で

エアコンつけっ放しが良いとは言えないの

ご注意お願い致しますね。

 

基本的に断熱性能、気密性能がしっかりしていないと

エアコンの暖房能力では、温まらずエアコンフル回転

となってしまうからです。

ちなみにエアコンの風量については自動運転にしてください。

電気代を抑えるために、微風や弱風などに設定

しがちですが、風量が弱いと部屋が暖まるまでに

時間がかかり余計に電気代がかかってしまいます。


風量を自動にしておけば、最初はいっきに部屋を暖め、

その後は室温を維持するように消費電力を抑え

ながらの運転に切り替わります。

また、暖房効率を上げるために、サーキュレーターや

扇風機を組み合わせることも大切です。

使い方は、サーキュレーターをエアコンの真下に置いて、

天井中央に向けて送風する。

すると部屋の空気が撹拌(かくはん)されて

暖房効率がアップします。

 

わが家も、壁付け扇風機を買ってあるのですが、

”まだつけていませ-ん!” 冬が終わってしまいそうです。

 

また、この冬、お客様宅でエアコン暖房の料金的

検証を進めていますので機会を見てデーターを

発表いたしますね。

では、今日はこれにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料請求

お問合せ