新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > 新築の家のポスト

新築の家のポスト

2020-03-17
赤いポスト

先日、完成見学会を行った新築のお家にポストをつけてきました。

色は赤にしました。

 

こちらのポストはたくさんの色を展開しています。

ポストの色

文字のエンボスのないほうが人気です。

ミタムラのショップは緑のポストです。

ショップに赤いポストだと、万が一にでも簡易ポストと誤解されたら困るということで緑にしました。

一般住宅であればその心配はないですね。

 

ポストの旗

新製品で旗つきのも出ました。

この旗の意味をご存じですか?

海外の自宅ポストでは、郵便配達人が郵便物の集荷もしてくれるんです。

「このポストには収集してほしい郵便がはいってるよ!」と郵便配達人に知らせるために旗をたてます。

アメリカのように隣の家との距離が遠い地域の場合、道端のポストに投函しにいくのは住民にとって不便です。

そのため、このポストの旗があると住民にとっても配達人にとっても便利なんです。

日本にはないシステムですので、当然この旗をたてても集荷はしてくれません。

だから、旗は飾りでしかありません。

 

家ポストに求められること。

郵便物はもちろん、レターパックなどが入ること。

レターパック

ネットでの買い物も増えました。

レーターパックだけでなく、重要なのが回覧板。

濡らすとご近所さんにも迷惑となってしまいます。

回覧板の入るポスト。

けっこう重要な点です。

 

では、レーターパックの大きさは31.2cm×22.7cm

昔からよくある少し大きめの回覧板34.0cm×24.8cm

最近はA4サイズの回覧板も増えましたが、まだまだ大きめ回覧板も現役です。

 

ミタムラでおすすめしているポスト

投入口の幅32.0cm、投入口の奥行3.6cm、ポスト蓋をしめた状態での深さ37.0cm

大きめ回覧板をたてに入れれば十分入ります。

鍵もかけられます。

 

スチール製なのでマグネットもつきます。

スチール製ということはさびも出ます。

塗装されていますが、雨がいつもあたるような場所には不向きです。

そのような場所にはステンレス製のものをおすすめします。

ステンレス製のものは値段が高いのが難。

ステンレス製で安価なものはおしゃれでないものが多いですね…

 

壁に穴をあけたくない方は、スタンドタイプのポストを選ぶという選択も。

おしゃれなものもありますね。

地面に固定しないものは風で倒れやすいので、脚におもりをのせているポストもたまにみかけます。

 

ちなみにわが家は外壁に穴をあけたポストです。

外に出ずに新聞や郵便物を受け取れるので便利。

気密性をもとめた家には不向きなポスト。

 

たかがポストですが、ポストがないお家と困ります。

ポストも重要な動線のひとつ。

 

 

 

資料請求

お問合せ