新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > ザ 雪国

ザ 雪国

2018-01-12

 大きな置き土産にびびった木村です。

 

今朝、子どもを高田に送っている時のこと。

道路の真ん中に何かがあります。

ど真ん中なのでよけようもなく徐行。

 

 

大きな雪のかたまりです。

おそらく高さ80cmはあるでしょう。

なんで、こんなところに…

 

歩道を歩いていた子どもがいきなり道路にぴょん!と飛び出してきました。

こっちはびっくり。

たぶん歩道がこれ以上行けないという状態になっていたので、道路に出て歩こうと思ったようです。

飛び出す前に車をみてね~

 

 

あちこちで2駆車がスタック。

一生けん命、押しています。

そして渋滞。

雪国人が言う「腐っても4駆」とはよく言った言葉です。

 

 

公共施設の駐車場が除雪されておらず、そこに入ろうとする車が車道に列をつくりまた渋滞。

あと少しで事務所!というところで、前方の妙な場所に車が。

右に1台、少し離れた左に1台、車は道から落ちています。

またまた徐行。

油断できません。

 

 

やっとのことで到着です。

事務所の駐車場は三田村が除雪機で除雪していました。

ほっとした瞬間です。

 

 

DSC_0532_RDSC_0533_R

事務所の屋根はなぜ止めがついていますので、雪はのったまま。

雨どいにもしっかりのってます(>_<)

雪なし県の方が見てびっくりするのがこの雨どいの受け金具の多さ

 

雪なし県のように少なくすると、雨どいが雪の重みで壊れます。

こういう点で雪国のお家はお金がかかります。

雪なし県の家と同じにはできないです。

 

カーポートの柱の太さだって全然違います。

山梨県に住む兄弟から面白いことを聞きました。

昨年の大きな台風の時に、カーポートが風でとばないようにロープで車にしばってあったそうです(@o@)

 

 

カーポートもザ 雪国。

お家もザ 雪国。

ザ 雪国は春の桜を待ちわびています。

 

 

資料請求

お問合せ