新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 新潟でバルコニーを設置する際のメリットとデメリットを徹底解説!

新潟でバルコニーを設置する際のメリットとデメリットを徹底解説!

2019-04-16

みなさんはバルコニーのある暮らしについてどのようなイメージをお持ちですか?
開放感のあるバルコニーに憧れを持っている方は多いのではないでしょうか。
大切な家づくりを失敗しないためにも、ご自身がどのような住宅をお求めなのかを考えることは大事です。
そこで今回は「バルコニーを設置する際のメリットとデメリット」を解説していきます。
この記事がみなさんの理想のくらしを作る参考になれば幸いです。

 

□バルコニーは必要なの?

 

「バルコニーがないと困る場合ってあるの?」とお悩みの方もたくさんいらっしゃると思います。
結論からいうと、バルコニーはあった方がいいでしょう。
理由は「洗濯物を干すスペースが必要」だからです。
デザイン面や機能面でもバルコニーがあることで得られるメリットは多いと考えられます。

 

□バルコニーのメリット

先ほどもいった通り、洗濯物を干すスペースを確保できるというポイントが一番のメリットです。
その他にも、布団が干せる、開放的な空間ができる、などのメリットがあります。
バルコニーを設置すると、どのような使い方をできるかを詳しく見ていきましょう。

 

*洗濯物を干すことができる

プライベートな空間にできるバルコニーでは、周囲の目を気にせず洗濯物を干すことができます。
日当たりの良いところで洗濯物を干すことができる点も魅力的です。

 

*布団を干すことができる

日々の汗がしみこみ、なかなか匂いが落ちない布団。
そんな布団を干す際にバルコニーの手すりを使うと、簡単に天日干しができますよね。
バルコニーがない家では洗濯物や布団を干す際に苦労することが多いです。

 

*開放的な空間ができる

プライバシーが守られた状態で開放的な空間を作れるのはバルコニーの魅力の一つです。
バルコニーが広い場合は、インテリアを設置して優雅に朝ごはんを食べることもできますよね。
屋外のパーソナルスペースとして活用できるので、きっと毎日の楽しみが増えてハッピーな気持ちになりますよ。

 

□バルコニーのデメリット

バルコニーを設置するためには費用がかかります。
さらに定期的なメンテナンスが必要なので、そのデメリットもしっかりと把握した上で、バルコニーを設置するかどうかを検討しましょう。

 

*防水工事が必要

バルコニーは屋根がなく、せり出した作りのため雨水がたまりやすいです。
そのため、防水性能がなくなると雨漏りが発生してしまう可能性もあります。
7年〜10年に一度、メンテナンスをして、防水性能を維持しなくてはいけません。
その分の費用もかかるので、注意が必要です。

 

□まとめ

今回は「バルコニーを設置する際のメリット・デメリット」をご紹介しました。
バルコニーがあった方がいいなと思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
毎日の生活を考えると、バルコニーがあることで得られるメリットは多いですよ。
バルコニーを設置して素敵なくらしを実現させてみてはいかがでしょうか?

資料請求

お問合せ