新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 照明の設置を失敗しないコツを知ろう|新潟での家づくりなら

照明の設置を失敗しないコツを知ろう|新潟での家づくりなら

2019-03-24

「家づくりの際に、照明をどのようにつけたらいいのか分からない」
「どのようにつけるかを考えている」
「玄関の照明が大事なのかな?」
このように考えている人は多いです。
照明の設置はかなり失敗することが多いです。
今回は、このように考えている人のために、照明の設置を失敗しないコツを玄関、ダイニングテーブル、洗面台に分けてお伝えしていきます。

 

□玄関のポイント

照明の設置の際、玄関の照明は最も失敗しやすい場所となっているので注意する必要があります。
照明が前からの場合と、後ろからの場合では顔の見え方が大きく変わります。
照明が前から当たると顔が明るく見えます。
しかし、照明が後ろから当たると顔が暗く見えます。
間違いなく、前者のように顔が明るく見える方がいいはずです。
お客さんが来たときに、照明が前から当たるように照明を設置しましょう。

 

□ダイニングテーブルのポイント

照明の位置は料理がおいしそうに見えるかおいしくなさそうに見えるかを左右する重要なものとなっています。
ダイニングテーブルの照明の位置は正確にしておく必要があります。
もし照明の場所がずれてしまうと、ダイニングテーブルを動かさなければならず、理想の配置にならないことがあるからです。
そのため、照明の位置は正確にしておくようにしましょう。

 

□洗面台のポイント

洗面台で注意するべきポイントは、玄関の照明と同じように、鏡で顔を見ているときに照明が前から当たるようにすることです。
また、光の種類も大事になってきます。
近年では、落ち着いた雰囲気を出してくれる白熱灯のような光が台頭してきています。
しかし、洗面台に関しては蛍光色の方が好ましいです。
なぜなら、蛍光色の方が顔の細かな部分まで見ることができるからです。
白熱灯のような光で顔を見ていたときには見えていなかった部分が、蛍光色の光で顔を見ると見えるようになるということもよくある話です。
そのため、洗面台は蛍光色の光を使うようにしましょう。

 

□まとめ

照明の設置を失敗しないコツを玄関、ダイニングテーブル、洗面台に分けてお伝えしました。
照明の設置は場所ごとに注意するべきポイントが違っています。
それぞれの場所ごとのポイントを押さえて計画的に照明を設置するようにしましょう。
当社はお問い合わせを受け付けております。
質問や疑問点などがお客様にございましたら、お気軽に当社のホームページからお問い合わせをくださいますようよろしくお願いいたします。

資料請求

お問合せ