新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 雪国新潟でも暖かい家に|冬暖かい家づくりの取り組みをご紹介

雪国新潟でも暖かい家に|冬暖かい家づくりの取り組みをご紹介

2019-01-28

「新潟に家を建てたいけれど、冬の寒さが不安。」
新潟のような雪国では、冬は特に寒いですよね。
そのため、家づくりを考えるときには冬暖かい家かどうかがとても大切です。
今回は、健康で暮らせる冬暖かい家づくりについてご紹介します。

□冬暖かい家づくり

当社では木質繊維系の断熱材を使い、外壁や内壁に漆喰を使うことをおすすめしています。
このような素材を家に取り入れることで、夏涼しく冬暖かい家になります。
自然素材は家族の健康を支えることにも役立ちます。

□木質系の断熱材

断熱材の種類は様々です。
その中で、当社がおすすめしている木質繊維系の断熱材についてご紹介します。

*断熱材の種類

断熱材は繊維系と天然素材系、発泡プラスチック系の3つに分けられます。
さらに、繊維系は無機系と木質繊維系の2つに分類されます。

無機系断熱材は、ガラスや玄武岩などを繊維状にした断熱材です。
代表的な無機系断熱材として、「ガラスウール」や「ロックウール」が挙げられます。

木質繊維系断熱材は、天然素材を使った断熱材の1つです。
「セルロースファイバー」という断熱材が代表的です。
当社でも、この「セルロースファイバー」を使うことをおすすめしています。

*セルロースファイバーの断熱性

「セルロースファイバー」とは、新聞紙や古紙などをリサイクルしてつくられる木質繊維です。
セルロースファイバーは様々な太さの繊維が複雑に絡まっています。
繊維の絡み合いによって空気の層ができます。
さらにセルロースファイバーは、繊維そのものに空気を取り込める穴を持っています。
この穴がより高い断熱性を実現してくれるのです。

□漆喰の断熱性

当社では、冬に暖かくなる家づくりのために外壁や内壁に漆喰を使うことをおすすめしています。
これは漆喰が消臭効果や殺菌効果だけでなく、断熱性能も持っているからです。
漆喰の細胞には、たくさんの空気を取り込む穴があります。
この穴があることで、漆喰は断熱材のような働きをしてくれるのです。

□冬暖かい家のメリット

断熱性が高いと快適に過ごせるのはもちろん、様々なメリットがあります。
まず、空調に使う光熱費を安くすることが期待できます。
他にも、家の中の温度を均一にして、ヒートショックなどの健康被害を避けることにもつながります。

□最後に

以上、冬暖かい家づくりへの取り組みと、自然素材の断熱性についてご紹介しました。
雪国である新潟の冬は、寒さもとても厳しいと言われています。
新潟で寒さに強い家を建てようとお考えの方は、ぜひ一度当社にご連絡ください。

資料請求

お問合せ