新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 注文住宅って何から始める?新潟の会社が家づくりの流れをご紹介!

注文住宅って何から始める?新潟の会社が家づくりの流れをご紹介!

2018-12-07

「家を建てたいけど何から始めればよいのか分からない」

「具体的に何をすればいいのか知りたい」

このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。

今回は、住宅を建てようと決心されてから着工にいたるまでの流れをご紹介いたします。

少しでも注文住宅を検討している方の助けになれば幸いです。

 

□注文住宅で家を建てる際の流れ

 

*土地探し

一番初めに土地を探します。

中には「家の設計の方が先じゃないの」と驚かれる方がいらっしゃるかもしれません。

なぜ先に土地探しを始めるかというと、土地の形や周辺環境によって、適する家が変わるからです。

そのため、予算や住みたい場所のイメージを不動産屋に相談して、土地をいくつか提案してもらいましょう。

希望の土地が見つかれば、不動産屋に依頼して仮押さえをしてもらいましょう。

 

*施工会社を決める

土地が決まれば、施工を依頼する会社を探しましょう。

住宅展示場や実際にその会社が建てた物件を見学したり、複数の会社に行ってみたりして、家族にとって最もよい施工会社を探してみてください。

 

*敷地・地盤調査

希望の土地と施工会社が決まったら、その土地に家を建てられるかどうかの敷地調査と地盤調査を行います。

施工会社に依頼すれば、調査を手配してくれます。

敷地調査とは、そこにどのような家を建てられるのかを調べる調査です。

一方で地盤調査は、地盤の強さを調べる調査です。

 

*土地購入

土地を買う前に、不動産屋から土地の説明をされます。

この説明は法律でしなければならないことと定められているので、必ず説明してもらいましょう。

その際に分からないことやおかしいなと思うことは、どんどん聞くことをおすすめします。

土地の説明に問題がなければ、実際に土地を購入します。

 

*お家の設計

土地の購入が済んだら、実際に建てる家の設計を始めます。

周辺環境や土地の様子を考慮し、家族の希望条件を伝えつつ、施工会社との話し合いの上、設計をしてもらいましょう。

 

*建築請負契約

設計ができれば、施工の請負契約を交わしましょう。

契約の際に分からないところや疑問がある場合は、必ず契約を交わす前に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。

 

*建築確認審査を受ける

自分たちが希望するプランが法律や条例に背いていないか、施工会社が行政や検査機関に確認審査を依頼します。

この審査にパスして建築確認済証をもらわなければ、着工することができません。

 

*着工

確認審査にパスすれば、いよいよ着工です。

お家が完成するまでの間は、工事の進捗を業者に問い合わせたり、現場に足を運んだりして、希望通りの家になっているか念の為に確認しましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅で家を建てる際の流れをご紹介いたしました。

「注文住宅を建てたいけれど何から始めればいいのか分からない」

と思っていらっしゃる方が、注文住宅を建てる際の具体的な流れを知れたと実感できれば幸いです。

是非、この記事を参考にして理想の注文住宅を建ててみてはいかがでしょうか。

資料請求

お問合せ