HOME > 高品質へのこだわり

高品質へのこだわり

構造・躯体

ミタムラ建築デザイン工房では資材がそれぞれ持つ特徴を
把握し最も適した個所に適した資材を採用することによって
心から安らげる住まいを実現しています。

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

住まいの地震対策を考えるとき、忘れてはならないのか「基礎」です。住宅の土台となる基礎にもいくつか種類がありますが、ミタムラ建築デザイン工房では優れた安定性と強度を持つ「ベタ基礎」を採用しています。地面を鉄筋コンクリートで覆い固めることなので、住宅をコンクリートの底板全体で受け止めて重量を分散し、支えることができます。また地面をコンクリートで覆うことで、湿気やシロアリの侵入を防ぎます。 さらに、基礎の幅は150㎜を標準とし、強固に住宅を支え、湿気・シロアリ対策の有効性をより高めています。

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

安心・安全の構造躯体を叶える、土台柱桧造り

家を支える土台と全ての柱には強度が高く耐久性に優れるヒノキを採用。もっとも大切な構造躯体は91㎝間隔に柱が立ち並びます。
日本を代表する木材の一つであるヒノキは、神社や仏閣を建てるための最高品質の木材として古くから用いられてきました。ヒノキは伐採してから200年間は強くなり、その後1000年かけて徐々に弱くなると言われています。そのため、奈良の法隆寺や薬師寺の塔は、1,400年経ってもなお、健康な状態を維持しています。
また、ヒノキは防虫性と抗菌性が非常に高いため、シロアリにも強く、木材腐朽菌にも侵されにくいため、世界最高レベルの建築材料と言われています。
さらに、ミタムラ建築デザイン工房では使用する資材の含水率が15パーセント以下のものを使用しています。十分に乾燥し、収縮や変形の生じない無垢材を使用することで、より安定した構造躯体を実現しています。

安心・安全の構造躯体を叶える、土台柱桧造り

ミタムラ建築デザイン工房の「適材適所」

ミタムラ建築デザイン工房ではより丈夫なお家づくりのため、木が持つ特性を考えて、木材を使い分けています。例えば、土台と柱には強度が高く、耐久性に優れるヒノキ。梁と桁には、高い強度を持つベイマツや、曲げや反りなどが少ない乾燥材を採用しています。木は全てが同じ材ではありません。縦方向や横方向など力のかかる方向や、湿気の多い少ない、木目の美しさなどその場所ごとに求められる性質により、「適材適所」で使い分けるのです。

ミタムラ建築デザイン工房の「適材適所」

ねじれに強いオリジナル剛床工法

土台はヒノキ材を使用し、大引きを1m以内の格子状に組み上げ、その頑丈な土台の上に24㎜の分厚い構造用合板を敷き詰めることで、土台や梁など家全体を一体化させる横からの水平応力やねじれに強い剛床工法を採用しています。

ねじれに強いオリジナル剛床工法

壁全体を覆う安心の耐震パネル工法

従来の筋交いでは、接合部に力が集中し、抵抗力が低下する欠点があります。一方、耐震パネル工法では、どちらからの力が加わっても荷重を分散させるので安心です。また準不燃材料の耐震パネルを採用しているので、火災時、屋外に火災が達する時間を延ばし、ご家族が安全に避難できる時間的な余裕を確保します。

壁全体を覆う安心の耐震パネル工法

在来軸組み通気工法

日本に古くから伝わる木造建築の様式を継承し、その伝統技術と知恵に、最新技術と高性能建材を取り入れて、外壁結露を防ぐために生まれたのが「在来軸組通気工法」です。しっかりした断熱施工と気密施工を行い、生活空間を快適に保ちながら、家の躯体は自然の力を最大限活かして長持ちさせます。木は、気温が18度以上、湿度70%以上、この両方の条件が揃うと木は腐り始めます。床下や構造材など建物すべてに新鮮な空気を行き渡らせて空気の流れをつくることで、快適な生活環境を作り、地震や災害に強い頑強構造で、大切な家族を守ります。

在来軸組み通気工法

断熱材で家をまるごと包み込むことにより、室温や騒音を気にせずに、家全体どこにいても快適に過ごせます。 自然の空気の流れで室内環境を快適に保ち、家全体の温度を調整してくれる家、私どもがこれからの家でのあるべき姿を実現するのが在来軸組通気工法です。

在来軸組み通気工法

全周通気の基礎パッキン工法or基礎断熱工法

全周通気の基礎パッキン工法or基礎断熱工法

基礎の鉄筋を切らずに、床下の全集通気を可能にしたことで、地震に強い基礎を保つことができます。また、シロアリの蝕害を受けない快適な床下環境を維持する補償付き工法です。

全周通気の基礎パッキン工法と従来の工法

いままでの工法に比べ、1.5~2倍の換気性能を発揮。従来工法では換気できない床下の入組んだコーナーの隅々まで湿気を残さず排湿し、乾燥した理想的な床下環境をつくります。※床下換気工法の場合

高気密・高断熱仕様

冬暖かく、夏涼しく快適な室内環境を実現と健康に優しい住まいのため水で発砲する吹き付け断熱材を採用しています。 高い断熱性と気密性を実現した発泡ウレタンフォームは、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、地球にやさしい断熱材です。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質やホルムアルデヒドも発生させません。

高気密・高断熱仕様

快適な暮らしのための高性能サッシ

住まいにおける断熱性能を大きく下げる窓サッシ。快適な住まいのために高性能な遮熱高断熱サッシを採用しています。断熱性に優れ、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑えられます。デザイン性だけでなく、環境性能も高い次元で兼ね備えた、高性能サッシです。

快適な暮らしのための高性能サッシ

木造住宅用制振装置 「evoltz L220」

木造住宅用制振装置 「evoltz L220」

家族の大切な命と資産を守る 「耐震+制振」

地震大国・日本で安心して暮らすための住宅とは何か。建築基準法の耐震基準さえクリアしていれば、家族の生命や資産を守ることができるのか。そこから導き出したのが、「制振」というひとつの答えです。地震大国日本で住宅を建てるという為に、どの様な対策が必要かを考え、ミタムラ建築デザイン工房は木造住宅用制振装置という新工法をご用意しています。

小さな振動から大きな揺れまで瞬時に効きます

建物の構造部材から損傷する前に大きなブレーキを掛け、制振するのが特徴です。「制振」をより高性能にするのがバイリニア特性。

※小さな振動とは柱の揺れ幅が1㎜(柱頭)生じた時点のことで、
evoltz L220はこの瞬間から効力を発揮します。

比べて下さい。どちらも「制振技術」です。

3mの柱の先端(柱頭部)の揺れ幅が約1㎜生じた時点のこと。

繰り返される余震にも耐震性能を発揮

揺れ始めの微振動から大きな揺れまで幅広く対応し、繰り返される余震においても何度でも制振性能を接続します。耐震工法の住宅も、震動を続けることで徐々に接合部が緩みますが、「evoltz(エヴォルツ)」は制振性能を落とすことなく揺れを吸収するため、建物の強度を維持し続けることが可能です。

地震の衝撃を1/2に軽減

建物への衝撃(地震エネルギー)を和らげ、揺れを大幅に抑えます。また、衝撃を和らげることにより、応力(局所)集中を軽減します。

※高い耐久性の20年の製品保証付き過酷な状況の中で耐久性と信頼性が求められる「モータースポーツ」の技術を活かしています。

地震力の揺れのイメージ

オンリーワンの技術で特許取得

バイオリニア特性とは、制振装置がエネルギーを吸収する「減衰力」の増大に伴って、躯体を痛めることのないように考えた特性です。evoltz L220は、この特性をさらに進化させ、「超バイリニア特性」を実現しました。

資料請求

お問合せ