新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > 三田村のブログ > 『間取りの基礎』 プランの種類-3

『間取りの基礎』 プランの種類-3

2017-06-28

    こんにちは、三田村です。

今日も引き続き、間取りについてお話します。

 

 

 

plan9廊下

コンパクトに工夫したい

 間取りの無駄をなくすためにも、廊下の面積は必要最低限に曲がり角は少なく、

幅は最低でも80cmを確保して。

暗くなりがちなので、明りをとることも忘れずに。

廊下幅80cmイラスト

 

 

plan10階段

安全・安心を心がけたい

 家の中でも危険が多い階段。手すりを取り付けるとともに、

勾配や一段一段の奥ゆき高さには注意が必要です。

スペースが可能であれば、階段の途中に踊り場を設けた折り返し階段が理想ですね。

階段猫

 

plan11玄関

たくさんの笑顔に出会えるスペース

 玄関はその家の顔。最低でも2畳くらいは確保したいもの。

スッキリとした明るい玄関にするために、

シューズインクロークなどを検討してみるのもおすすめ。

防犯やプライバシー対策にも気をつけて検討したいですね。

 

 

 plan11収納

スペースの取りすぎにも注意です

 子どもの成長などにともなって年々増えて行く「物」。

家を建てるときは、将来のことを考えて収納スペースを用意しておきましょう。

ウォークインクローゼットや食品庫など、専用の部屋を用意するだけでなく、

階段下などのデッドスペースを活用するのもおすすめです。

また、収納のまわりには扉や引き出しの開閉動作に必要なスペースを確保しておくこともお忘れなく。

 

 

plan12車庫

使い勝手の良いスペースに

 車庫の場所はもちろん、そこにどんな機能をもたせるのかも大切なポイント。

自動車をとめるためのスペースだけでなく、

自転車や屋外で使う工具なども保管できるようにしておくと便利です。

水栓や流し、コンセントなども設置しておくと、

さらに使い勝手がよくなります。

また、ビルトインカレージにする場合は、

排気ガスなどが家に入ってこないようにするための工夫が必要です。

車猫

 

今日はここまでとします、、、

 

 

資料請求

お問合せ