新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > 境界塀の費用負担

境界塀の費用負担

2019-08-28
境界の塀

土地の境界に塀(へい)をたてる場合、隣地との費用負担はどうなるのか?

それは塀をたてる位置とお隣さんとの話し合いによります。

境界の塀

上記写真の塀の場合です。

わかりやすい境界杭があるので境界が明確です。

Dさんが土地を購入し、家を新築となりました。

Cさんと話をして、塀の中心を境界線に合わせると、塀はCさん・Dさんの共用のものとなります。

費用はお互いの話し合いによるので、費用負担の割合が決められたものではありません。

通常、折半するケースが多いです。

上記の塀はDさん敷地のみなので、費用はDさん100%でDさん専用の塀です。

 

境界塀

道路から塀をおっていくと、今度は別の隣地の塀にぶつかります。

Aさん敷地にある塀はAさん専用の塀。

Bさん専用の塀がすでにあり、DさんがBさん専用塀と平行して塀をたてることも可能でしたが、そのような塀はあまりメリットがありません。

Bさんにお願いをして、Dさんの縦方向の塀を伸ばさせてもらうことにしました。

Bさんに費用負担はしてもらっていません。

 

塀は必ずしも設置しなければいけないものではありません。

設置したからには当然管理も必要となってきます。

塀は隣地との境界がからむので慎重に検討してください。

 

資料請求

お問合せ