新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > ウッドデッキ階段の塗装

ウッドデッキ階段の塗装

2017-06-14

気になっていたことにとりかかっている木村です。

 

 

この休み中、懸案事項のまま放置していたことにとりかかりはじめました。

1つずつでは終わらないので、3つずつぐらいで進めてます(^^;)

 

ショップでの放置の一つ。

ショップのマイデスクの正面には窓があります。

明るくていいのですが、南向きのため夏はちょっと…。

ブラインドの隙間から強い光がもれてきます。

CIMG7158

赤マルの部分です。

ブラインドを巻き上げたり、おろしたりするコードが通っているので穴をふさぐわけにはいきません。

この穴を通りぬけた光が目を直撃します。

 

困るのは私だけなのでつい放置していました。

今年こそは対処することにしました。

ブラインドの内側にカーテンをつけることにしました。

伸縮ポールとランナーを買ってきたのであとは布地をつければよいだけです。

とは思うものの、また放置です。

 

 

ショップでの放置の二つ目。

正面の階段。

CIMG7164

風雨だけなく、雪もたまるのでスコップで除雪するのでいたみが早いです。

 

最上段だけはコンクリとからむので、養生してから塗装です。

CIMG7163

柿渋塗料で塗装しなおしました。

柿渋塗料は建てさせていただいたお家の床材でも使っています。

屋内だけでなく外まわりでも使えます。

 

 

外回りに使う塗料の代表的なものといえばキシラデ。

私は肌が弱いのでキシラデに触れるとかぶれるます。

乾いてしまえば触れても大丈夫です。

 

 

今回は柿渋塗料なので安心。

私のような体質の方、幼い子供さんがいるお家では柿渋塗料はおすすめできます。

気になる方はショップに見にきてくださいね。

お取り寄せもできます。

 

 

CIMG7166

塗装前との差をみるために左半分だけ塗装してみました。

1年10カ月の風雨+雪でかなり薄くなっていますね。

塗装しないと木をだめにしてしまうので、薄くなってきたなと思ったら早めの塗装をおすすめします。

 

今回はこみいった場所ではないので、スポンジだけで塗装です。

刷毛は使っていません。

 

 

CIMG7168

塗装終了です。

まだ半乾きなので、お越しの際には紙の上を歩いてください。

 

 

 

資料請求

お問合せ