新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > 新上越市水族博物館へ

新上越市水族博物館へ

2017-05-15

 

駐車場を探した木村です。

 

 

上越市水族博物館が昨日で長期休館となりました。

旧水族館が解体される前にと子どもを連れて見に行ってきました。

7年くらいは行ってなかったでしょうか。

駐車場から戸惑いでした。

駐車場はどこ?と。

 

 

旧駐車場に新水族館が建設中だったんですね。

知りませんでした。

CIMG7075

駐車場は元教習所だったところになっていました

 

 

館内は当たり前ですが、前と変わらず。

私はよそもんなので、子どもの頃の思い出にはこの水族館はありません。

なので、わが子と来たことしかないです。

CIMG7081

大きくなった子どもの後ろ姿を見てると、小さかった頃の子ども達の姿が浮かんできて…。

スマホでペンギンを追っかける様子が面白かったです。

大きくなってもペンギンをおっかけるのかと(^^;)

 

 

一度も行ったことがなかった展望台にあがってみました。

なんで展望台にあがったことがなかったか、階段をあがってから気づきました。

高いところは苦手なんです。

怖いもんですから写真はありません。

 

そんな場所で大変お世話になった大学のS先生にお会いしました。

ご退任されたとのこと。

月日の流れを感じます。

展望台でなければもっとお話ししたかったのですが残念。

 

 

 

今回水族館に来た一番の目的は『陶板探し』。

水族館で前に行われていたイベントで水族館の外壁にはる陶板づくりがありました。

記憶が定かではないですが費用の半額を市が負担して残りを参加者が負担するというもの。

陶板を作って焼きあがると、「この壁面のどこかにはってあります」という連絡がきます。

当時、この広い壁面から探すの?(*_*)と驚いたもんです。

 

子どもがつくった大事な作品ですが、今回の水族館の新築に伴い陶板の壁も解体です。

陶板をはずそうとするとわれてしまうので、はずすできないそうです。

壊される前にと今回来ました。

 

 

2-2

陶板ができた時に撮った写真↑を今回の陶板探し用に保存して水族館へ来ました。

館内で写真撮りすぎてバッテリーアウト。

写真が見れません…

 

 

記憶の中の写真で陶板探し。

CIMG7085

やっとのことで見つけました。

あった~!の声。

陶板をなでなでして帰ってきました。

かけらになっても持って帰りたかった…

 

 

私にとって水族館とえば『江ノ島水族館』。

新江ノ島水族館ではなく『旧』のほうです。

『新』を見に行った時に大変驚きました。

いるかがジャンプしたりするだけのショーではなく、水の中でコスチュームが広がったりと華やかなショーになっていました。

小さな水槽の音が聞こえる館内ではなく、自分が海の中にいるかのように錯覚する館内。

薄暗くじめっとした場所が、とても美しくきれいになっていました。

 

 

想い出としては旧江ノ島水族館ですが、今行くのなら新江ノ島水族館に行きたいです。

上越水族館は来年夏前にリニューアルオープンします。

上越水族館もきっと江ノ島水族館のようにすばらしい水族館になってくれることでしょう。

よその水族館からイルカをお借りして、夏季限定で行っていたイルカショーも常展となります。

また来年、子どもと一緒に水族館に行けることを願っています。

 

 

 

水族館を出た時に

「木村さ~ん!」と後ろから声が。

振り替えるとたいぶはなれた場所に立っている男性が。

展望台でお会いしたS先生でした。

「またね~!!」と大きく手を振ってくださいました。

 

水族館にまたね!

先生にまたね!

来年、お会いしましょう!!!

 

 

 

 

 

 

資料請求

お問合せ