新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > 母の日のプレゼント

母の日のプレゼント

2017-05-11

朝から鯉のぼりの回収をしていた木村です。

 

 

今年の春は風が強いですね。

うちには男の子はおりませんが鯉のぼりをあげています。

IMG_20170511_083650_910

ちょっと心配だったので回収しました。

鯉のぼりがロープにからんで、回収に時間がかかってしまいました。

ショップ玄関にある黒板看板に「今年の春は風が強いですね」と書きました。

 

 

この黒板のメッセージには、私の心の声があふれているそうです。

「信号待ちした時に黒板見てます!」

「花粉症がひどくて~」

など、書いたメッセージに感想を言ってくれます(^^)

 

 

昨日のメッセージは

「14日は母の日です。今朝のTVで今年の一番人気のプレゼントはスィーツと言ってました。」

 

 

ショップに来たお客さまとこの話題に。

「お母さんが切り花をあまり好きでないので、スィーツにしようかな(^^)」と。

母の日のプレゼントの話しから、ご実家の話へ。

 

ご実家になんとなく多肉植物のずらりと鉢で並んでいるそう。

増やすつもりもなくただ増えてしまい育ててるけど、どうするわけでもなく…

ご実家からもらったけど、どうしてよいかわからないと。

そこで、おすすめの方法をご紹介。

 

 

5

こんなカラーサンドに植えてもかわいいですね。

中心には観葉植物土が入ってるので、ちゃんと育ちます。

(5月27日のミタカフェはこのワークショップです)

トップ写真のサボテンのように、おしゃれな缶に植えてもいい感じ。

 

 

img_20170110_094307_963

とても増えやすい色気のないアロエも、味のあるコップに土のかわりにハイドロカルチャーをいれればクールな感じに。

 

 

増えてしまった多肉植物はこうやって仕立てを変えるだけで、ぐっとおしゃれになります。

これにメッセージを描いたガーデンピックさして、ラッピングすれば母の日のプレゼントに!

お子さんでもチャレンジできるので、是非やってみて下さい(*^_^*)

 

ちなみに私は花は好きですが、どうにも赤いカーネーションが好きでないです。

昨年の母の日は、そんな私に送ってくれた花はガーベラでした。

今年はプレゼントはやってくるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

資料請求

お問合せ