新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > 何を求めて行くのだろう

何を求めて行くのだろう

2015-10-28

 

子ども奉仕をしてきた木村です。

 

 

 

高校生になる子どもが振替休日で平日休みだったので、二人でキャンプに行ってきました。

 

 

 

いつも行くキャンプ場は冬はスキー場。

今回は場所を変えてはじめて行くキャンプ場。

こちらも冬はスキー場。

 

 

電話で問い合わせすると「寒いですから覚悟してくださいね」と。

 

 

 

 

ほぼ冬装備で行きました。

旦那さまが行かないキャンプでは天然火は使いません。

炭やら薪やら面倒なので、ガスオンリー。

でも、今回は暖をとるために炭を持参。

 

 

 

 

 

キャンプ場は閑散期なので私たちだけ…

スタッフの方が丁寧に案内してくれました。

 

なんとスタッフの方はふる~い知り合いでした。

お会いしたのは二十数年ぶり(^^;)

 

 

 

 

 

寒いだろうとドラム缶ストーブを貸してくれました。

 

「薪は足りてるか~?」

 

「ちゃんと火はついてるか~?」

 

何度も心配してみにきてくれました。

 

 

 

 

 

めらめらと燃える薪に子どもは魅了されていました。

たのしい~(^^)

親として楽しい瞬間です。

 

 

 

寒い時期のキャンプはテントは荷物置き場&ダイニング。

寝るのは車の中。

軽ワゴンは便利です。

 

CIMG5031

 

お気に入りのスマイルライト。

かなり明るくキャンプには必需品。

 

 

 

かなり風が強かったので、車で寝ていても揺れるほど。

翌日、無事帰宅。

 

 

 

 

 

夜、ベッドにねころんだ時に出た言葉。

 

「あ~家は快適!!! やっぱり家で寝るのが一番」

 

 

 

 

んっ、なんのためにキャンプに行っているのでしょう?

 

 

 

 

少なくとも快適ではないことは確か。

非日常でしょうか。

 

 

子どもが「バイクの免許とったらバイクでキャンプしようね♪」

うれしい言葉ですが、私にその体力があるかどうか… 自信がない…

 

 

 

資料請求

お問合せ