新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > スタッフブログ > 女性目線の打合せ

女性目線の打合せ

2015-10-04

 

インフルエンザの予防接種をどこで受けようかと思っている木村です。

 

 

今年のインフルエンザ予防接種には変化がありましたね。

例年の3価(A型2種類、B型1種類)から、B型株が1種類追加され、4価(A型2種類、B型2種類)になったとのこと。
全病院共通ではないようなので、どこの病院にしようかと。
費用も3価と4価では違うそう。

 

みなさんはどうしますか?

 

 

 

 

 

さて、昨日はお施主さまとの打合せでした。

 

 

かわいいお嬢さんのいるご家族なだけに目指すのはかわいいお家。
瓦の色、ドアの形や色と決めていきます。

 

 

 

とてもお二人が気にしてらしたのは『女性目線』。
やはりどうしても男性と女性では気にする点が違いますね。

 

こちらが気持ちを受け止めた時、さんのお顔がぱっと輝くのが印象的な打合せでした。

 

 

男性である三田村に言っても…と思ったら、ぜひ私木村に気持ちを伝えてください。
三田村に通訳します(^^)v

 

 

 

 

 

ほとんどの方がお家を建てるのははじめてです。
色々なことがわからなくて当然なんです。

 

 

はずかしがりやの新潟県民は人前ではなかなか質問しませんが、今は自分たちの家を建てる重要な時。
だからこそ、どんどん気持ちを出してください。

 

実は私の父は3件の家を建てています(>.<)

家を建てる打合せの記憶があるのは最後の1件だけです。

貸家住まいの時もあり、いわゆる実家は今の家で6件目でしょうか…

幼くて記憶にないものもあり、何件になるか自信がないです。

 

 

 

実際に色んな家に暮らし、何がよかった、よくなかったというのが実体験としてあります。

 

家は単に人を入れる器ではないです。

家は住む人とともに変化もします。

 

そんな想いを建てる皆さまに伝えたいと思っています。

資料請求

お問合せ