新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 新潟で家づくりするときの注意点!外構作りの失敗を防ごう!

新潟で家づくりするときの注意点!外構作りの失敗を防ごう!

2019-04-12

家づくりをする時には、外構のデザインにもこだわるのがオススメです。
住宅の外観や内装のデザインをこだわったのに、外構と雰囲気が合わなかったら台無しになってしまいますよね。
しかし、時間をかけずに外構のデザインを決めてしまう方も多くいらっしゃいます。
外構のデザインは住宅の外観を決める大事な要素なので、しっかり選びましょう。
そこで今回は、「外構作りを失敗しないためのポイント」をまとめてお伝えします。

 

□外構デザインを考えるなら

外構は住宅の表にあるため、とても見られやすい場所です。
みなさん住宅の建築内容を考え、家の着工が始まってから外構について考える方が多いです。
しかし、住宅と外構が組み合わさることで全体の雰囲気が作られるので、外構デザインを後回しにするのではなく、同時に行なっていくべき場所なのです。
では、同時に進めていく上で、失敗しないための注意点を一緒に見ていきましょう。

 

□外構デザインを失敗ないための注意点

外構デザインを失敗する要因は大きく分けて4つです。
この4つのポイントに注意するだけで、外構デザインに関する不安は無くせるのではないでしょうか。
ポイントを一緒に見ていきましょう!

 

*スペースの失敗

住んでみたらわかることが多い失敗に一つに「スペースが足りない!」という失敗があります。
車の駐車スペースや、自転車を置くスペースも必要になるケースがとても多いです。
お子さんが大きくなったときのことを考えてスペースの設計をして置くと、後々外構リフォームをする必要がなくなりますよ!

 

*水道やコンセントの失敗

水道やコンセントの設置場所を計算せずに作ってしまうと失敗することがあります。
水道は部活帰りのお子さんのシューズの洗浄や庭に水をまく掃除など、案外使うことが多いです。
そのため、使いやすい位置を考えて設置するべきでしょう。

 

*メンテナンスが大変

新築住宅を建てるとなると「よし、植木を手入れして綺麗な家を保とう!」と植栽をつける方もいるのではないでしょうか。
しかし、新築住宅を建てた後に出世して仕事が忙しくなってきたり、子供が増えて家事が大変になってきたりすることがよくあります。
そのため、植栽に時間をかける暇がなくなってしまう可能性があるので、メンテナンスのことを考えて世話をしやすいものを選ぶなどの配慮が必要です。
ご自身のライフプランを考えて、生活に彩りを加えましょう!

 

*玄関アプローチの失敗

家の前の道路から玄関までの道のことを「玄関アプローチ」と言います。
雨の多い地域では、玄関アプローチ濡れて滑りやすくなると大変ですよね。
お子さんもお年寄りも安心して使えるように、滑りにくい素材を選ぶのがコツです。

 

□まとめ

外構デザインのイメージは湧いたでしょうか?
外構作りを失敗しないための注意点をご確認いただけたと思います。
素敵な新生活を作るために外構のデザインもしっかり選びましょう!

資料請求

お問合せ