新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 自然素材の住宅の耐震性が心配な方はご覧ください | 上越市で自然素材の家を建てるならミタムラ

自然素材の住宅の耐震性が心配な方はご覧ください | 上越市で自然素材の家を建てるならミタムラ

2018-09-14

「自然素材の住宅を考えているけど、耐震性が心配…」

という方はいらっしゃいませんか?

 

自然素材の住宅とは、仕上げに原木からそのまま切り出した無垢材や石材、和紙など自然の素材を使った家づくりのことを指しています。

地震が起きたときの耐震性が心配ですよね。

弊社ではお家の構造にかかわる構造材は安定した強度を保てる集成を使っています。

直接お部屋の空気に接している部分、床・壁・ドアなどの建具に自然素材を使用しています。

 

もし、耐震性に問題がないのであれば自然素材の住宅を本格的に検討してみようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、自然素材の住宅の耐震性は一体どの程度なのかについてお伝えします。

 

□耐震性とは

そもそも耐震性とは、地震が発生した時、その揺れにどれだけ耐えられるかを示したものです。

建築基準法によって、一定以上の耐震性を持たない建築物は建築することができません。

 

どのくらいの地震にまで耐えられるのかという基準を示したものが耐震等級です。

これは1~3まであり、最も基準が高いのは耐震等級3で、「数百年に1度発生する震度6~7の地震に耐えられる」「数十年に1度発生する震度5強の地震に対して損傷しない」建物のさらに1.5倍の震度に耐えられるということを表しています。

 

□自然素材は地震に強い

実は、自然素材の住宅は耐震性に優れています。

自然素材として用いられる無垢材は、鉄やコンクリートを上回る強度があり、耐震性に優れています。

また、年月を重ねると乾燥が進み固化することで、さらに強度が増していくといわれており、樹齢年数が高いほど強度も高くなると言われています。

 

日本の歴史的な木造建築物も自然素材の丈夫さを生かして建てられています。

一方で、1982年以前の建築基準法が改正される前の住宅は耐震性に不安があります。

 

□建て方によっても耐震性を上げられる

自然素材の住宅は耐震性に優れていますが、建て方の工夫によってもさらに耐震性を上げられます。

 

・屋根材を軽くする

屋根材を軽くし、建物重量を軽くできれば、地震による建物への影響を減らせるため、耐震性を上げられます。

 

・柱の配置

建物の各柱にかかる荷重がなるべく偏らないように配置します。

 

・金属で補強する

地震や台風などによる揺れの時、柱を上に引き抜く力が働いて土台から抜けてしまわないように、柱脚と土台を金物で固定します。

 

□最後に

今回は自然素材の住宅の耐震性についてお伝えしました。

世界最古の木造建築である法隆寺をはじめ、歴史ある神社仏閣の建材である無垢材の住宅は、耐震性に関しても安心です。

 

当社は自然素材にこだわった家づくりを行っています。

自然素材の住宅についてお困りの際は、お気軽にご相談ください。

 

資料請求

お問合せ