新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 新潟で建てる注文住宅、業者の選び方のポイントって?

新潟で建てる注文住宅、業者の選び方のポイントって?

2018-08-25

注文住宅を建てる際には業者への依頼をお考えかと思いますが、どのような業者にすればよいのかは悩ましいですよね。

アフターフォローも含めますと、長い期間にわたってお付き合いをしていく間柄ですから、数多くある中でもご自身にとって最善の選択をすべきです。

そこで今回は、その際に役立つ情報として業者選びのポイントをご紹介いたします。

 

◎業者を選ぶ際の評価基準

より良い選択を行うためには、どのような業者があるのかを知っておくことが大切です。

現在では、様々な手段を通して情報を仕入れられますので、積極的に会社のことを調べてみましょう。

この時点では分からないところも多いかもしれませんので、連絡して担当者と軽く話をされても良いかもしれませんね。

 

お勧めの方法としては、ここで複数の業者を候補とすることによって比較検討することです。

その際に確認しておきたい評価基準をご紹介いたします。

 

●料金面の比較は相見積もりで

契約の前に施工プランを提案して工事費用を算出してもらうことを見積もりといい、これを複数の業者間で同じ条件で行うことを相見積もりと呼びます。

 

そこで作成される見積書は、単に安いかどうかを見るのではなく、どのような工事にいくらの費用を見込んであるのかということを確かめます。

意図していなくてもあいまいな表記がされていることもありますので、誤解が生じないように、詳細までしっかりと詰めておくことが重要です。

 

また、あまりにも安さを押し出しているようであれば、一歩引かれて冷静に考えられた方が良いでしょう。

 

●お客様が思っていることを実現できる力があるか

注文住宅は一般的な分譲住宅とは異なる要素を取り入れることもあり、工事も独特になることが多いです。

そのため、業者による技術力の差が家の出来栄えに影響されやすいです。

過去にどのような工事の実績があるのかということを確かめておくことが、注文住宅の依頼においては特に大切になります。

 

●お客様と向き合う姿勢

失礼な姿勢で対応されるのは問題外としても、相性があまり良くないと感じながら契約してしまうのでは、工事期間だけでなくその後長くお付き合いすることも考えると心苦しいものです。

 

丁寧な対応で工事について詳しく説明してもらえるのはもちろんのことです。

質問に対して適切な応答ができているか、お客様側の意見も取り入れてもらえるか、業者のプランについて長所と短所の両方を踏まえて提案してもらえるかなどといった観点から一番合う業者はどこであるのかを見極めましょう。

 

◎最後に

今回は注文住宅の新築を依頼する業者を選ぶ際に見ておきたい評価基準についてご紹介いたしました。

以上のポイントを押さえながら、ご自身にとって最善の業者と巡り合うことを願っております。

 

資料請求

お問合せ