新潟の注文住宅・自然素材の家は - ミタムラ建築デザイン工房 > お家のコラム > 家づくりの流れを新潟の注文住宅業者が解説します

家づくりの流れを新潟の注文住宅業者が解説します

2018-08-13

家を建てるという経験は長い人生において、そう何度も経験するものではありませんから、どのような流れで行えばよいのかが分かりにくいかもしれません。

そこで、今回は家づくりをどのような流れで進めていくのかについてお話いたします。

 

◎家づくりの流れ

家づくりの流れとしては、主に4つのステップにわかれます。

 

●どのような暮らしをしたいのかを考える

最初に行うのは、どのような家にするのかということを考えていくことです。

専門家に相談して意見をもらいながら、具体的に生活を想像しましょう。

今の住宅で満足できていない点は何なのか、どのような点を取り入れたらもっと家での時間が楽しくなるのか、といったことを検討しましょう。

設備の様式や素材など内装に取り入れるものをこの時点で決めておくと、予算が大きく外れることがなく後の段階もスムーズに行えます。

 

●資金計画を立てる

次に、資金計画を行っていきます。

まず、親族からの贈与も含めて、現時点でどの程度の資金を持っているのかを把握しましょう。

これらを全て使ってしまうと、その後の生活に必要なものをそろえる場面で何も支払いができなくなります。

ですから、どのぐらいの金額を家づくりに充てられるかを考えることが大切です。

 

資金計画表があってもなかなかご自分では資金計画をするのは難しいことと思います。

通常、資金計画を行っている住宅会社さんで一緒に計画をしていきます。

ほとんどの方がはじめて家を建てるのですから、どんな費用が家づくりに必要になってくるのかわからないものです。

住宅会社さんに相談しながら進めていきましょう。

 

最初に考えた家のイメージで工事を行ったときにかかるおおよその費用と自分の予算を比べましょう。

そのとき、充分に賄えないと思われる場合には、住宅ローンの申請を行うことになります。

その際には返済の計画も立てて、どのように支払いをしていくのかということまで見通しておきましょう。

住宅ローンなしで家を建てる方は少ないので、ご自分に合った住宅ローン探しも必要になってきます。

 

●土地探しと業者選び

元々土地をお持ちであれば問題ありませんが、お持ちでない場合には土地をご自身で探すことになります。

もちろん不動産会社・住宅会社も皆さんの土地探しを手伝ってくれます。

また、同時に施工会社を決めます。単に金額だけでなくちゃんとした工事を行ってくれる、建てたあとも相談できるなど、いろいろなことを比較し、話し合いの中でご自身が任せたいという相手を選びます。

土地を探す際のポイントおよび業者の選び方につきましては、他の記事で詳しく触れておりますので、そちらも参考にしていただけますと幸いです。

 

●契約と各種申請・施工

依頼する会社が決まったら、契約を交わします。同時に住宅ローンの申請も行います。

施工の段階は着工・基礎工事・上棟・竣工という流れで行われます。

最後に確認して引き渡しが行われ、家づくりは完了です。

 

◎最後に

今回は、家づくりの主な流れについてご紹介いたしました。

家づくりは多くの過程がありますが、今後長く生活する場所を形作っていく大きな出来事です。

それぞれの工程を着実に行うようにしましょう。

 

資料請求

お問合せ